王道の3ステップで英語は話せるようになる
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習に裏技や近道はない。最短距離があるだけだ。

 

1日5分で!とか、聞き流すだけで!とか、
そういう詐欺まがいな教材やスクールが多いですが、
そのような方法で話せるようになった人を
僕はみたことがありません。

 

英語学習にそんな近道はありません。
ただ、先人がたくさん失敗をしてきてくれたおかげで
確実に成長する、確実に前に進むことができる
そんな王道ルートは既にあります。

 

そんな王道を見ていきましょう。

黄金の3ステップ①知る

 

どんなスポーツにもルールがあるように
英語にもルールがあります。

 

ルールを守らない人がいると
スポーツは楽しくありません。
それは英語も一緒です。

 

なのでまずは
ルールとなる必要最低限の知識を知りましょう。

 

日本人は真面目で勤勉なので、
6割で進むことをしません。
でも、実際に話せるようになる人のほとんどは
6割の知識力で進んでいきます。

 

例えば単語学習ですが、
単語なんて正直覚えていたらキリがありません。
僕は中学英単語と+αくらいしか知りませんが
普段英語を使って生きるのに困ることはないです。

 

文法も、例えば全部で100単元あったら
90個以上理解するまで文法学習を続けてしまうのが
日本人英語学習者の特徴です。

 

僕は文法なんて10〜20個くらいしか知りませんが
英語がすらすら話せます。
もう英語を使って5年以上海外暮らしです。

 

フレーズもそうです。暗記してもすぐに忘れてしまいませんか?
僕は暗記が苦手なのでそもそもフレーズ暗記はやってません。
でもそれで困ることは今のところ少ないです。

 

僕は実際にセブ島に移住して暮らしているからこそ
リアルな英語を知っています。
どんな単語や文法やフレーズは使って
何が不必要かと言うのを。

 

だからこそ、僕は強く言いたいです。
「必要最低限の知識だけ」覚えてください。と。
完璧に理解しながら進む必要はないです。

 

 

黄金の3ステップ②行動する

 

英語においてアウトプットはとても大切です。

 

どのくらい大切かというと
インプット:アウトプット=3:7
と言われています。

 

正直アウトプットを制したものが英語を制します。

 

机に向かって100時間勉強するより
スピーキングを10時間したほうが
圧倒的に早く英語を習得できます。

 

何のスポーツをするにしても
練習って必ずしますよね?

 

アウトプットは試合(外国人と話す)前の練習です。
練習なしでいきなり本番で成功する人はいないので
アウトプット練習をしっかりして自信をつけます。

 

そのためにも時間を確保する必要があります。
そもそも時間を確保できないと始まりません。

英作文や音読などのアウトプットを通じ
理解した知識を使いこなせるように訓練します。

 

そして必ず、日本人の英語が話せる人から
フィードバック添削を受けてください。
ここは必須です。

 

 

黄金の3ステップ③リアルに触れる

 

いよいよ相手を前にしての実践です。

 

トーキングは相手と実際に会話をする
スポーツで言ったら、試合です。
そして試合にはコーチが必要です。

 

先ほど英語はアウトプットが大切だと言いましたが
それと同じくらいコーチングが大切です。

 

試合をして終わりではなくフィードバックを受け
何ができてないのか把握して次に活かします。

 

相手を前に英会話をしながら自分のできてない箇所を
把握することは困難なのでコーチをつけ
フィードバックを受けます。

 

英語もスポーツと同じで
練習だけでも試合だけでもダメなのです。

 

練習→試合→フィードバック→
練習→試合→フィードバック…
を繰り返すことで英会話を
身につけていくことができるのです。

 

以上の3つの黄金ルートを使った方法は
英語を話すのに適しているし、
文を読むのにも適しています。

 

このように、きちんと正しいやり方をすれば
簡単に読むことも話すこともできてしまいます。

 

ちょうどこういう企画も用意しているので

検討してみるのもアリだと思います。

 

このコーナーでは
基本的な英語力を習得するために
必要最低限だと思われる知識を解説していきます。

 

失敗したり遠回りしたりする
可能性を減らすために
必ず最初に全て目を通しておいてください。

 

 

① 英語習得入門

 

② 英語の教材選び

 

③ 英語の情報商材

 

④ 英語の簡単習得法

 

⑤ 英語のメリット

 

========================

 

【重要】オリジナル企画

 

========================

本物の英会話学習法を書いた書籍を無料で読めます


僕は日本にいながら独学で英会話を習得し
23歳でフィリピンに移住し、
今まで100人以上に英会話を教えてきました。


特別な生まれつきの才能があったわけでも
周りの環境に恵まれていたわけでもありません。


もともと見た目も色白で細身で貧弱だったし
部活では一時期いじめを受けていました。


そんな僕でも、正しい学習法に出会って
少しの期間だけ真剣に取り組んだところ
日本にいながら独学で英会話をマスターすることができました。


・広島大学を卒業
・フィリピンの東大と言われるU.P.Dilimanに留学
・世界20カ国を一人旅

・フィリピン渡航回数30回以上
・23歳でフィリピンのセブ島に移住
・フィリピン人女性と国際結婚

・100人以上に英語個別オンライン指導
・オンライン英語コーチングスクール運営
・セブ島にマイホームを持つ

などの英語を活かした夢を叶えてきました。

英会話をマスターしたことで
海外旅行先や日本にいる外国人と
何も問題なく会話できるようになりました。  


そして、
英語を生かした人生設計ができれば
好きな場所で、好きな人と、好きなことで
自分の好きに素直に生きることができるし


そんな英語スキルと夢にあふれた志を持った
価値観を共有できる仲間と一緒に
フィリピンセブ島で会いたいなあ
とひそかに思っています ٩( Ꙭ)و  


そういった理念から、僕がどのようにして
日本にいながら独学で英語を身につけたかなど


実体験を元にリアルをお伝えできるかと思い
その成功体験を1つの電子書籍にまとめてみました。  


ストーリー形式で作っていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍『夢を叶えるスマホ留学』を読んでみる


10秒で終わるLINEアンケートに答えるだけで受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



▼公式LINEの登録はコチラから▼
 
  

例えばこの電子書籍を通して学べることは・・・


  英会話に必要な単語をたったの1ヶ月で暗記する超効率暗記法とは?

  誰でもネイティブ並みの発音ができるようになる画期的な方法とは?

外国人レッスンなしで話せるようになる一人でできる学習法とは?

単語がわからなくても言いたいことが瞬時に話せる究極の思考法とは?

日本にいながら6ヶ月で英語が話せるようになる「3つの秘訣」とは?
 



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます↓↓↓)


Pocket