【最短で】結果を出す人と途中で挫折する人の決定的な違い
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

はじめに

Hey, what’s going on everyone!
23歳でフィリピンのセブ島に移住した
英会話コーチのたくとです。

 

と言うことで今回は
【最短で】結果を出す人と途中で挫折する人の決定的な違い
という、知らないと損する、有料級の話をしていきます。

 

 

自分なりに頑張っているのに上達しない。
そんな自分を変えたい!
そう思って今この記事を読んでいませんか?

 

今日は

今まで何度も英語学習に挑戦して
何度も途中で挫折してきたけど
今度こそ結果を出したいと思っている人に向けて
必ず伝えておきたいことがあって記事を書いています。

 

こんな経験ありませんか?

僕のところにはよく

 

・いろんな教材を試してきましたが話せるようになりません
・いろんな英会話スクールを転々としてもう5年になります
・英語は諦めたくないので何度も挑戦しているんですが、いつまで経っても成長を実感できません
・英語が話せるようになった友達におすすめされた方法で勉強しているんですが、途中で挫折してしまいました

 

などの質問や相談がよく来ます。

 

そして多くの人は

・教材は一つに絞ってボロボロになるまで一冊を集中的に繰り返した方がいい
・途中で諦めるくらいなら最後までやりきった方がいい
・他人にお薦めされた方法ではなく、自分でちゃんと調べた方がいい

って思ってるんじゃないかなあと思います

 

確かに普通に考えたら

・教材やスクールもたくさん手を出してしまうよりは、一つに集中して取り組んだ方がいい
・途中で諦めたら一生後悔すると思うし
・いろんなサイトで口コミとか見ながら自分に合った方法を探した方がいい

と思いますよね?

 

でも実際のところ、英語が話せるようになるには
今話したことは正直全く関係ないです。

 

あなたも経験あるんじゃないですか?

・自分に合った教材や英会話教室、英会話スクールがなかなか見つからずに困った経験。

・仕事や私生活が忙しくなり、仕方なく学習を一旦ストップしたのはいいけど、
再開の目処が立たずもう数年経っている経験。

・新しい教材を買った時、新しいスクールに入会したときに、
今回こそは、今年こそは結果を出すぞと決意するも、結局途中で挫折してしまい
「自分にはやっぱり無理かも」と自己嫌悪に陥った経験。

これらの経験に一つでも当てはまったあなたは超危険です。

 

ただ、僕も以前英語初心者の時、
無数に存在する英会話学習教材やスクールのどれを選べば正解なのかわからず、
5年以上、総額500万円ほど無駄にしてきた経験があります。

 

ただ、その「学習への姿勢」そのものが
英語が話せるようにならない一番の要因だったんですね。

 

もしあの時持っていた
途中で挫折する人の残念な思考を僕がやめなかったら
今も英語が話せず、

今日も新しい教材をネットで調べたり
新しい英会話スクールをネットで調べたり
そのうまくいくはずのない悪循環を繰り返していると思います

 

 

でもここまでみてくれたあなたならもう大丈夫。

 

今日記事で話すたった1つのある考え方を知り実践するだけで
自分にあった教材選びに困っていても
教室やスクール選びに困っていても
今まで何度も挫折してきていても
もう諦めかけていても

 

教材や教室、スクールに頼ることなく
独学で英語が話せるようになります。

 

逆に、今日これから話す学習への姿勢を欠いたまま
今のあなたなりの方法で学習を続けてしまうと

 

・今回もこの教材のやり方は自分には合わなかった・
・スクールのやり方や先生が自分には合わなかった
など、

 

・うまく教材がハマればいいな
・うまくスクールがハマればいいな
・今回こそ上手くいけばいいな

という、勉強の仕方に確信を持つことができないまま
真っ暗な、出口の見えないトンネルを
ある種のギャンブル状態で進むことになります。

 

でも

今日話す、正しい学習マインドを身につければ
どんなに今のあなたが自信をなくしていたとしても
あっさりと英語が話せるようになってしまい、驚くことでしょう。

 

そして、今しかできない英語を活かした活動を思う存分楽しむことができるでしょう。

 

実際に僕も今日紹介するある考え方を身につけたことで
日本にいながら英語が話せるようになり

 

・1ヶ月で8か国を旅し、2日に1回は空港にいるような不思議な経験をしたり

・世界20カ国以上を旅して「英語が話せれば世界中に遊び場が広がる!」と実感したり

・インドでは、線路で寝ている貧しい子供たちを助ける海外ボランティアに2週間参加したり

 

・ベトナムでは、旅行会社大手HISの海外インターンシップに参加し、海外で働くって夢があるな!と実感したり

・カンボジアでは、現地の小学校で1人で黒板の前に立ち英語を教えたり、休憩時間にみんなで裸足でサッカーをしたり

・フィリピンではよしもと芸人の人を現地の小学校に呼んで大盛り上がりのイベントを開催したり

・23歳でフィリピンのセブ島に移住しマイホームを持ったりと

 

英語を活かした夢をたくさん叶えてきました。

 

そして僕だけではなく、僕の受講生も最短6ヶ月で英語が話せるようになり

 

・海外のある国の国王と直接会って、英語で会話したり

・海外で工場を作って現地の人を採用してビジネスを展開したり

・駅で切符の買い方がわからない外国人に英語でアドバイスしたりと

 

英語を活かした活動をたくさん行っています。

 

もしあなたも僕や僕の受講生と同じように
結果を出す人のマインドセットを手に入れ、


最短最速で英語が話せるようになり
英語を活かした夢を少しずつ叶えていきたい
と少しでも思うのであれば、

 

ぜひこの記事を最後まで読んでいってください。

 

日本にいながら、たった6ヶ月で英語が話せるようになり、
フィリピンの東大と言われるU.P.Diliman大学で英語留学を経験し
某オンライン英会話スクールで入社1年目にして人気No.1講師となった実績を持つ僕が
あなたが抱えている悩みを、この記事で必ず解決します。

 

あと、今回紹介するマインドセット以外にも
英語学習で結果を出すことができる人が持っている
思考や考え方もこれから配信していくので

 

そういった記事をこれからも見逃したくない人は
ぜひ、今のうちに
ブックマーク登録をしておいてもらえればと思います。

 

 

結論から言うと・・・

 

 

で、あなたが10年、5年、3年、1年と時間をかけて習得するのではなく
できれば1年未満、可能ならば半年で英語が話せるようになりたい
と少しでも思うのであれば

 

これ、結論からいうと

 

「プロ意識」を持って勉強しましょう。

 

プロ意識って何?どういうこと?
って思った人がほとんどだとおもいます。

 

プロというと、
スポーツ選手やアーティスト、弁護士やお医者さんなどを思い浮かべると思います。

 

その感覚は間違っていなくて
プロというのはいわゆるそういう人たちのことです。

 

でも面白いのは
スポーツ選手一人一人、持ってるバックグラウンドは違うんですね。

 

バックグラウンドというのは、
生まれた環境が裕福な家だったり、貧乏な家だったり、
有名な国公立大学を出ていたり、高卒だったりとかそういうことです。

 

プロのほとんどが
お金持ちの裕福な家庭で育って
誰もが知るような賢い有名大学に通って
とかそういうことでもないんです。

 

身近な例で言うと、
コンビニでアルバイトしているスタッフも、
お客さんから商品のお金をいただいて、
お客さんが満足するように接客する以上はプロなんです。

 

みなさんが思い浮かべるような
スポーツ選手、パイロットなどの職業の人に比べれば
アルバイトはプロ意識は低い人が多いかもしれませんが
それでもお金をいただいている以上プロなんです。

 

それで言うと僕も今まで
数年間で100人以上に個別で英語指導をしてきた英語を教えるプロです。

 

別に、お金をもらって相手の期待を超える価値を提供したりすることだけがプロと言うことではありません。

 

仕事はあなたが個人や社会に対して価値を与えること
そして
相手の期待をいい意味で裏切り、その期待を超える成果を出すことができる人をプロと言います。

 

例えば、僕は広島県民なのでお好み焼きが好きなんですが
家のホットプレートで自分で作るお好み焼きと
お店の熱々の鉄板でプロが作った味は全然違います。

 

お店で食べたらいつも
「あーやっぱりプロの味、すげえなあ」
と思います。

 

その一方、
英語学習というのは先ほどのお好み焼きのように
目の前の人に対して満足してもらうことが必要ということではなく
もちろん英語が話せるようになった先で
思いもよらぬ社会貢献など価値を提供できるようになったりはしますが

 

そんなことまで考えて勉強をしている人はほとんどいないはずで
どうすればこんな自分でも話せるようになるんだろうか
と目の前の自分の現状に必死だと思います。

 

言ってしまえば、英語学習は
弱い自分自身との闘いなんですね。

 

だから、社会に価値を提供するプロ意識
みたいなそう言う大袈裟なことは考えなくていいので

 

スポーツ選手、料理人、お医者さん、パイロットなどが持っている
お金をいただいてもかまわないくらいの
そんなプロが持っている「意識」の部分だけでも
英語学習に取り入れましょうということです。

 

今のあなたが英語学習のプロであるかどうかは関係ないです。
これから変わろうとする意識を持って欲しいのです。
そして必ず変わることができます。安心してください。

 

普段仕事しているときはもちろん生半可な気持ちでやってないけど
英語学習にプロ意識を持つってなんか大袈裟だなあ。

 

スポーツ選手や料理人、弁護士なんて今の自分には程遠い存在だから、
そう言う人の意識を英語学習に取り入れようと言われてもあまり実感が湧かないなあ。

って思いませんか?

 

中には、職業によってプロはプロでもできることとか違うと思うし、
そのどれを英語学習に取り入れればいいかなんて自分では分からない。
そう思っている人も多いと思います。

 

僕も確かに、芸能界やスポーツ界で活躍している人の話を聞いていても、
その聞いているときはすごいなあと感心しているけど、
実際に自分の生活に活かせているかと言うと
正直自信を持ってYESとは言えないかもしれません。

 

でもそのプロ意識の欠如は英語学習において致命的です。
今から話す内容を聞いて、明日から変わる努力をしてみてください。

 

3つの大事なポイント

 

じゃあ具体的にどうやってプロ意識を高めていくのか
大事なポイントを3つだけ話したいと思います。

 

1つめは、「基準を高め続け」と言うことです。

 

プロ意識というのは少し抽象度の高い話で、
どのようにして具体的にプロ意識を持つのかがイメージしにくいと思います。

 

だからまずおすすめなのは、
プロ意識が高い人とできるだけ長い時間を共有することで
プロ意識ってどういうことか肌間レベルで体感してみてください

 

会社の上司や部下、同僚に
「なんでも結果を出しちゃうスーパーマン」はいませんか?
もしくは友達やSNSでよく見る人ですごいなと思う人はいませんか?

 

そういう人に接触する機会を増やすのです。
そうすることで自ずと「簡単に挫折してしまう今の自分と、
結果を出し続けるすごい人とのギャップ」に気づくことができます。

 

今の時代、別に人に会わなくても
YouTubeやSNSなどで「すごい人」は探さなくても
普段自然と目にしていると思います。

 

そういう人の場合、
例えばYouTubeを全部見たり、
SNSをチェックしたりしてみることはできますよね。

 

もし僕のことを気に入ってもらえたら、
僕と同じプロ意識まで高めるために、
僕のこのブログの記事を全て読むことをお勧めします。

 

英語学習で言うと、
実際に英語が話せるようになった人が周りにいれば
その人と関わる機会を増やしてみてください。
ご飯に行って勉強への姿勢を聞いてみたりすると
今のあなたとのギャップに驚かされてしまうことでしょう。

 

そう言う実際に会える人が周りにいない場合は
今の時代はオンラインでZOOMやSkypeなどを使えば
英語コーチと一緒に勉強を進めることもできます。

 

僕の生徒さんにはよく
「たくとさんと勉強していると、
今まで自分がどれだけ甘い意識で勉強に取り組んでいたのかがよくわかります。
一緒にいるだけで基準があがっちゃいます。
むしろ高すぎる基準についていくのが大変です。
でも頑張ります!」と言われます。

 

英語は頑張ったら話せるようになるとかそういった根性論的なものではなく、
どう頑張るか、その基準を成功している人に合わせていくことにあります。

 

1日どれくらい英語を話す練習をしていますか?
と言う質問に、仕事で忙しい時は多くても20分くらいで、
時間ができた時は30分以上は話してます。

 

と言う人と

仕事でどんなに忙しくても、
1日1時間は英語を声に出して読む練習ができるような生活を意識して作っています。
時間ができた日は2時間とかそれくらい声に出して英語読んでますね。

 

と言う人だと、どちらが結果を出しやすいでしょうか?
すごくシンプルな話です。

 

でも、1人で自分なりの方法で勉強していたり
いろんな教材やいろんなスクールでいろんな先生と勉強する場合
自分が低い基準で勉強していることに気が付きにくいです。

 

だから、途中で挫折せず、結果を出すまでやり通したい人は、
「この人だ!」と思った人の基準まで意識を高め続けてください。

 

こう聞くと難しそうで嫌だなあと思う人もいるかもしれません。
だって、たった一瞬で!たった5分で!とか
そういう楽をして何か成し遂げることができると思っている人たちにとっては
時間をかけて積み上げていくことでしか結果は出ないと言うのは一番嫌いなパターンですもんね。

 

でも大丈夫。

 

結果を出す人が行っていることを自分の英語学習、
もしくは私生活に取り入れることは実は自己成長につながるので
達成感、自分が良い方向に変わっていっていると言う実感が湧くのでやればやるほどハマっていきます。

 

騙されたと思って基準を高める活動をやってみてください。
まずは、今の自分の勉強への取り組み方は基準が低くなかったか、今一度考えてみてください。

 

プロ意識を高めて勉強する方法2つ目は
裏時間に多少負荷をかけること」です。

 

裏時間って何か危ない時間のこと?
負荷をかけるってどう言うこと?
って思った人もいるかもしれません。

 

裏時間に多少負荷をかけるとはどういうことかというと

例えば、サッカー選手というのはプロですよね。
サラリーマンなど仕事と並行しながらサッカーをする
アマチュアの人もたくさんいますが
今回はプロサッカー選手だけに絞って話をします。

 

プロサッカー選手というからには
一日中サッカーを練習しているかというとそういうことではなく、
数時間程度なんです。
結構びっくりですよね。

 

中にはその数時間の全体練習だけで
結果を出し続けるプロもいるかもしれませんが、
プロでさえ、その全体練習以外の時間を使って
各々トレーニングに励んでいます。

 

ジムでパーソナルトレーナーをつけて筋トレをしたり
運動に関することだけでなくても
読書を通じて意識改革をしたり
栄養士をつけて食事管理を徹底したり、
そういった全体練習以外の時間を有効活用しています。

 

周りから見たら、
1日数時間程度の練習でプロやってけるの羨ましな
と思う人もいるかもしれませんが
プロとしてやっていくためにその表の見える時間だけ練習するのではなく

 

全体での練習時間以外の時間、いわゆる裏時間を使って
日々、自己成長のために努力をしているのです。

 

家に帰って寝ていればいいものを
筋トレルームで汗を流す、これって負荷をかけていますよね。
楽をせず、自分に負荷をかけているんです。

 

だから英語が話せるようになりたい僕たちも
英会話のレッスンをしている時間だけではなく
周りの人には直接には目に見えない裏の時間に
自分の英語力を上げる負荷トレーニングをするべきなんです。

 

結果を出さないとクビになってしまうサッカー選手だから
裏の時間でも自己成長のためのトレーニングをするのではありません。

 

僕たちも半年、1年などと終わりの期限を決めて
裏の時間さえもトレーニングするべきなのです。
それがプロ意識を持って、覚悟を持って勉強するということです。

 

3つめは、「リスクを取る」と言うことです。

 

人間、何かを捨てずに新しいことを得ることはできません。
仕事もプライベートも全部充実させたまま英語も話せるようになりたい。
とかそんなのは天才以外無理な話です。

 

そう言う人ほど、英語学習に割く時間が一日精々30分程度。全く勉強しない日もある。
そんな中途半端な時間勉強するくらいならむしろしないほうがいいです。
結果が出ない確率が高い道を信じて歩いているのと同じです。

 

やるときめたからにはやりきるのです。
時間をたっぷりと割くのです。
いつか話せるようになればいいという気持ちがあるから
1日30分程度の勉強時間しか確保しないのです。

 

1日30分の勉強時間だと10年かかりますよ
と最初からはっきりと言われていたら
みんな余裕こいて勉強しないはずです。

 

プロサッカー選手がプロであり続けようと
プロ意識を持って日々を一生懸命過ごす一つの理由は
結果が出ないと解雇されるからでしょう。

 

もちろんサッカーが好き、人を喜ばせたい、家族を守りたい
そういった理由もあると思いますが、
その根本には「解雇されたら全て失う」
と言う危機感があるからです。

 

だから僕たちも英語学習をするときにリスクを取るべきです。
結果を出さないとマズい状態に自分を追い込むのです。

 

おすすめは英語学習にちょっときついくらいのお金を払うことです。
元を取りたいと言う気持ちが働くからです。

 

もしくは学習一つ一つに達成期限を決め
達成できなかったときに罰金を払う
と言うのもおすすめです。

 

例えば、次の月曜日までにここまで英単語を覚えてくる
と言うのを達成できなかったら、コーヒーを約束した人に奢る
とかです。

 

この罰金制度結構おすすめなのでやってみてください。

 

過去は変えられないけど・・・

 

 

このブログでは
英語を最短最速で話せるようになりたい人が絶対に身につけるべき勉強マインドを
再生リストにしてこれからもずっと無料で投稿していきます。

 

再生リストは概要欄に載せていますので
この記事を読み終わったら
ぜひ他の成功マインドも手に入れてみてください。
きっとあなたの英会話学習の背中を押してくれるいいパートナーとなることでしょう。

 

じゃあ、具体的にどうやってマインドを高めていくのか
などの僕も実践している具体的なテクニックは
これから他の記事でもどんどん配信していきます。

 

だから今日はマインドセットの一つ、
プロ意識を持つと言うのを覚えておいてください。

 

 

もしかしたら今日の話を聞いて

 

・教材やスクールを言い訳にしていたな
・勉強への姿勢の基準が低すぎたなあ
・レッスンを受けて満足していたな
・リスクから逃げていたな

 

というふうに感じて
少し落ち込んでしまったかもしれません。

 

でも大丈夫。

過去は変えられませんが、未来はあなたの思考次第で変えることができます。
僕だって今まで数えきれないほどの間違いやミスをおかしてきました。
勉強すればするほど馬鹿になり、英語学習が嫌になってしまった時期もありました。

周りに馬鹿にされ、英語学習を諦めようと思ったことも何度もあります。

 

でも今結果として23歳でフィリピンのセブ島に移住し、
フィリピン人と国際恋愛して楽しく人生を生きることが出来ているのも

 

過去を後悔するのではなく、未来を変える努力をしてきたからです。
今までの自分を一気に変えることは出来ませんし、そんなことは求めていません。

 

もしあなたが本当に心の底から英語が話せるようになりたい
英語で夢や目標を叶えたい
というふうに思っているのであれば
明日からいや、今から少しずつ変わればいいだけです。

 

でも中には

確かにプロ意識を持つことは大事だし
基準を高めることも負荷をかけることも大事だけど
単語も文法も中学レベル以下の私には無理。
と思う人もいるかもしれません

 

でも僕があなたの夢の中に勝手に出てきていいのなら、こう言いたい。

 

あなたならできる」と。

 

たまたま出会ったこの記事をここまで読んでいるあなたなら出来ます。
それだけは保証します。過去を振り返ってもいいです。
でもその後は未来をどう変えるか考えてみてください。

 

まだ20代の僕が言うのは多少おこがましいかもしれませんが
僕が大量の時間とお金を費やして
失敗してきたこと、成功してきたことを
これからも包み隠さず公開していきます。

 

あなたはその中でも
うまくいったものだけを知り、実践するだけです。
だから効率よく、最短最速で話せるようになるのです。

 

多くの人は正しい勉強マインドを知らないまま
1日数十分の勉強で満足したり
時間がないのを言い訳に勉強しなかったりと

 

結果が出るはずのない方法や考え方で
うまくいって話せるようになればいいや
くらいのギャンブル精神で勉強している人が多すぎます。

 

英語で夢や目標を叶えるために頑張るのは当たり前なんです。
頑張らない人はそもそも論外です。
大事なのは「どう頑張るか」です。

 

でもこの記事を読んでいるあなたは
正しい勉強マインドからしっかりと固めていこうとしている
素晴らしい人なんです。
ぜひ、これからも一緒に「どう頑張るか」を知りながら学習していき

 

英語で夢を叶えたらぜひ僕の住んでいるフィリピンセブ島まで
遊びに来て成果報告をしてください。

 

それが僕の夢です。僕の夢を叶えるためにあなたの夢を全力で叶えに行きます。

 

 

お知らせ

 

 

いかがだったでしょうか?

 

それではお知らせの後に
明日から実践できるよう復習をします。
ぜひ最後までみてください。

 

僕の公式LINEでは
中学で赤点ばかりをとっていた英語劣等生だった僕が
日本にいながら英語が話せるようになった具体的ステップを書いた
読むだけで勉強になると好評の電子書籍が受け取れます。

また、期間限定で5,000円相当の追加プレゼントも用意しています。
数に限りがあるので、
詳細は公式LINE登録者だけに内緒で教えています。

 

自分にあった教材がうまく選べない
自分にあったスクールが見つからない
継続できずいつも途中で挫折してしまう
と悩んでいるけれど

 

・最短最速で今年こそ英語が話せるようになりたい!
・日常を大きく変えない形で学習を継続したい
・きっかけがあれば今すぐにでも始めたい!
などの熱い思いがあり

 

英語で叶えたい夢や目標があれば
ぜひですね

僕の公式LINEへ友達登録しておいてください。
豪華特典を期間限定でお渡ししています。

 

他にもこのブログでは
日本にいながら英語が話せるようになるための
貴重な英語学習法や

 

僕が実際に英語を活かして達成した
フィリピンセブ島移住のリアルなどを
できるだけわかりやすく配信していきます。

 

だからそういった情報をこれからも見逃したくない人は
ぜひ今のうちにブックマーク登録をお願いします。

 

復習しましょう

 

 

いかがだったでしょうか?


復習することはたった1つ。

 

英語学習はプロ意識を持って取り組むべき。

 

そのために

①意識を高め続けること

②負荷のかかった練習に時間をしっかりと割くこと

③リスクを取ること

これだけを徹底してください。

 

教材を買うときはワクワクしていたけれど
自分に合わずに途中で投げ出したり

 

スクールに通い始めたはいいけど
周りのレベルや先生とあわず挫折したり
これは英語初心者誰しもが通る道です。
僕も同じ思いをしたことがあります。

 

でも大事なのは

だからこそ自分なりの方法や考え方で頑張るのではなく
日本にいながら話せるようになった人の
王道の学習法、勉強への姿勢を知り実践することです。

 

今日は途中で挫折せずに結果を出す人が持っている最強のマインド

「プロ意識を持つ」ということを解説しました。
ぜひ実践してみてください。

 

 

終わりに

 

 

ということで今回も最後までみてくれてありがとうございました。

 

もしこの記事が少しでもためになったと思ってくれた方は
コメント欄に感想をよろしくお願い致します。

 

それでは次回の記事でお会いしましょう

本物の英会話学習法を書いた書籍を無料で読めます


僕は日本にいながら独学で英会話を習得し
23歳でフィリピンに移住し、
今まで100人以上に英会話を教えてきました。


特別な生まれつきの才能があったわけでも
周りの環境に恵まれていたわけでもありません。


もともと見た目も色白で細身で貧弱だったし
部活では一時期いじめを受けていました。


そんな僕でも、正しい学習法に出会って
少しの期間だけ真剣に取り組んだところ
日本にいながら独学で英会話をマスターすることができました。


・広島大学を卒業
・フィリピンの東大と言われるU.P.Dilimanに留学
・世界20カ国を一人旅

・フィリピン渡航回数30回以上
・23歳でフィリピンのセブ島に移住
・フィリピン人女性と国際結婚

・100人以上に英語個別オンライン指導
・オンライン英語コーチングスクール運営
・セブ島にマイホームを持つ

などの英語を活かした夢を叶えてきました。

英会話をマスターしたことで
海外旅行先や日本にいる外国人と
何も問題なく会話できるようになりました。  


そして、
英語を生かした人生設計ができれば
好きな場所で、好きな人と、好きなことで
自分の好きに素直に生きることができるし


そんな英語スキルと夢にあふれた志を持った
価値観を共有できる仲間と一緒に
フィリピンセブ島で会いたいなあ
とひそかに思っています ٩( Ꙭ)و  


そういった理念から、僕がどのようにして
日本にいながら独学で英語を身につけたかなど


実体験を元にリアルをお伝えできるかと思い
その成功体験を1つの電子書籍にまとめてみました。  


ストーリー形式で作っていて
20分程度でサクッと読める内容なので
もし興味があれば読んでみてください。  


電子書籍『夢を叶えるスマホ留学』を読んでみる


10秒で終わるLINEアンケートに答えるだけで受け取れます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。



▼公式LINEの登録はコチラから▼
 
  

例えばこの電子書籍を通して学べることは・・・


  英会話に必要な単語をたったの1ヶ月で暗記する超効率暗記法とは?

  誰でもネイティブ並みの発音ができるようになる画期的な方法とは?

外国人レッスンなしで話せるようになる一人でできる学習法とは?

単語がわからなくても言いたいことが瞬時に話せる究極の思考法とは?

日本にいながら6ヶ月で英語が話せるようになる「3つの秘訣」とは?
 



もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます↓↓↓)


Pocket